repriceの日記

株式会社リプライスの18卒採用ブログです。

社員インタビュー⑦~何事でも「楽しむ」スタンスを大切にするM・Kさんってどんな人??~

皆さん、春休みはいかがお過ごしですか?

どんどん就活が本格化し忙しい時期だとは思いますが、息抜きの時間も取りつつ楽しんでいきましょう!


それでは、第9回リプライス採用ブログです。


今回は、全国の営業の社員と連携を取り、市場の動向・データを見ながら物件の価格などを決めていく【分析課】の社員を紹介していきます!


f:id:reprice:20170218153156j:plain


現在入社4年目で分析課のM・Kさんです。

M・Kさんはシャイなのでイラストでの登場です!(笑)


今回は営業とは一味違った分析課の仕事の面白さについてインタビューしてきました。

また同時に、リプライスにおける分析課の重要性についてもみなさんに知っていただければと思います!

それではどうぞ↓↓


=========================================


☐学生時代は何をされていましたか?


今までとは新しいことを始めたくてアイスホッケー部に入り、活動していました。スケートも初めての状態で、練習するほど上達するのに喜びを感じ、毎日のように滑っていました。同期が全員辞めてからも、ホッケーの楽しさに惹かれ地道に努力しました。大した成績は残せませんでしたが、4年間続けてきたことが自分の中では大きな財産になったと思います。何事も楽しむことで継続でき、継続してきたことで今の自分があるのだと思います。


☐どうしてリプライスへの入社を決めたのですか?


一番は「楽しそうだから」です。

恥ずかしい話ですが、私は大学4回生の10月末まで内定が一つもありませんでした。公務員試験を受けており、落ちて一般企業を受け始めたのが9月でした。特に夢も無く、自分の将来を考えていなかった事が自分を苦しめました。9月となると秋採用の時期になり、募集している企業もかなり少なくなります。厳しい状況に置かれているというのは分かっていたので、営業、SEなど、紹介された企業・職種をとりあえず受けてみました。その中の一つがリプライスでした。

私は営業ではなく、仕入の専門職のような部署(現:分析課)の採用だったのですが、「仕入の価格を決めたりするのが主な仕事内容で、数字を扱う機会が多い」と聞き、昔から数字を扱うのが好きで、大学でも数学が専門だったため、非常に興味が沸きました。

先輩社員に会う中で、「自分の力で会社を変えていける会社」だと知り、大企業では経験できないことがこの会社ではできる!と思い、リプライスに決めました。



☐現在の仕事内容と、仕事をしていて楽しい点・やりがいについて教えてください。


物件の仕入・販売価格などを考え、社内で提案する仕事をしています。リスクのある物件に対してはストッパーとなり、成果が出そうな物件に対しては積極的に仕入れるように提案しています。

価格が正解かどうかは売れてから分かります。私が入社して間もない頃、社長が「値段を決めるのは自分ではなくお客さんだ」と仰っていたのを今でも覚えています。

一つの物件に対して、お客様の人物像を考え、複数のパターンを考えながら、値段の仮説を出します。数学の公式みたいなものがあると楽なのですが、お客様は「人間」なのでそれぞれ感性や金銭感覚は異なり、そんな簡単なものではありません。そういう難しさがやりがいの一つです。その仮説が合っていた時は、とても嬉しいですね。

また、「なぜこの物件は問い合わせが少ないのだろう」「思ったより早く売れたのは何が原因なのだろう」と、販売した物件の検証をすることで新しいパターンが増え、次回の仕入に活かすのも面白いです。



☐仕事をする上でのモチベーションの源泉は何ですか?


やはり「楽しむ事」ですね。楽しい事は継続でき、積極的に学ぼうとします。新しい知識が増えれば視野が広がり、出来ないことが出来るようになるのでまた楽しくなる、「楽しむ事」はプラスの連鎖を生むと思います。アイスホッケーで学んだ事の一つです。

もちろん仕事をする上で楽しい事ばかりではありませんが、それでも何かに面白さを感じることができる人間が成長できると思っています。どんな仕事でも捉え方次第で全然違います。ただ作業をすると思うのか、些細な事でもより良くしようと思いながら仕事をするのか。時間を掛けて作業するよりも、時間を掛けなくても考えて仕事する人の方が成長します。私は後者の方が楽しいと思います!


☐最後に就活生へメッセージをお願いします。


まだ沢山の選択肢がある人が多いと思います。新卒は1回しかありません。当たり前ですが適当に決めるべきではありません。本当に入りたいと思った会社に出会える事を願っています。それがリプライスなら大歓迎ですし、他の会社であっても喜んで応援します。


=========================================

以上、M・Kさんのインタビューでした!

分析課の仕事の面白さ、そして何事も捉え方を変えてみて「楽しむ」ということ意識して仕事に打ち込むスタンスがとても印象的でした!


物件の粗利・回転率を考えるうえで、分析課の視点はとても重要なものです。

面談の際には、分析課が営業部とどのような連携を取っているのか、ビジネスモデルにおいて分析課の視点がどう重要なのかについて、聞いていただくのもいいかもしれませんね!


次回は入社3年目社員のインタビューを更新する予定です。

それではまたお会いしましょう!!


------------------------------------------------------------

リプライスHP

http://reprice.co.jp/sp/

リプライス新卒採用HP

http://reprice.co.jp/shinsotsu/

社員インタビュー⑥~強い組織づくりに熱い想いを持つ中村拓馬さんってどんな人??~

寒い日がつづきますね。

「早く春が来てほしい」と切に願いながら、採用ブログ第8回更新します!


今回ご紹介する社員は、入社2年目の中村拓馬さんです!(インタビュー時は入社1年目)


f:id:reprice:20170214092136j:plain


1年目の最初は営業、そして現在、新設されたマーケティング課にて働いていらっしゃいます。

今回の記事を通して、また一味違ったリプライスの面白さを見つけてもらえたら幸いです!


それでは中村さんのインタビュー記事ですどうぞ↓↓


=========================================


☐学生時代は何をされていましたか?


全国に拠点を持つキャリア支援NPOにて、名古屋支部代表をしていました。そこでは、イベントや面談など、メンターとしての活動もありましたが、メインは社会人の方々や全国の支部代表と連携して、就活市場全体をどう変えていくかのマーケティング業務をしていました。たかが学生の自分が、キャリア支援をすることに対して恐れを常に抱いていました。だからこそ、メンターの質・サービスの質・イベントの質を高めるためにインプットとアウトプットを繰り返す日々を送っていました。


☐どうしてリプライスへの入社を決めたのですか?


一番未来が読めなかったからです。

それは、自分自身に対しても、会社に対してもです。

もともと、絵を描くことが好きで、幼少から暇さえあれば描きまくっていました。頭の中で思ったものを、ほとんどそのまま描けるようになってくると、それだけでは物足りなくなりました。

会社選びをする時も、その会社のトップの考え・組織構成・事業領域・人事制度・文化などから、その会社が今後どうなっていくのか、その中で自分がどうなっていくのかを描いていました。決して感覚ではなく、むしろゴリゴリに論理で考えて就活をしていました。

それがリプライスでは、なかなか描けませんでした。すると、不思議とワクワクしました。「何かをする前から、ゴールがもうすでに見えている」よりも、「どんなゴールにたどり着くか分からないから前に進みたいんだ」と思いました。それが、私の入社理由です。


☐現在の仕事内容と、仕事をしていて楽しい点・やりがいについて教えてください。


マーケティング課という新設部署にて働いています。会社の成長フェーズ的に、各部署・各エリアが自立自走で成長していく基盤が整ってきたからこそ、よりシステムとして強い組織構築に努めています。

中身としては、大きく3つあります。①社内文化の形成・促進 ②仲介営業の促進・効率化 ③仕事の価値醸成 です。これだけだと「具体的に何すんねん!」って思われるかと思います(笑) こうした抽象的なミッションを、具体的な戦略に落とし込んで実行していくことが、私の仕事です。

正直、すぐに効果が出るわけではないですし、目に見える指標も少ないです。だからこそ、今自分がやっていることが何にどう繋がっているのかを、強く意識しないといけません。自分なんかが、こんな大切なことを担当していいのだろうか・・・と弱気になることもありますが、ここでの経験は確実に自分自身の幅になると確信しています。自らが進化しないと、組織全体への施策も進化しない。この組織はもっともっと進化できる。その想いを芯に持っていることが、私のやりがいです。


☐仕事をする上でのモチベーションの源泉は何ですか?


私は、モチベーションは存在しないと思っています。そうは言っても、私自身も多少の波はあります(笑) 常に思っているのは、高い水準で働き続けることがプロだと思っています。当然、自分一人で働いているわけではないので、自分の波のせいで仕事が遅れたり、質が下がることは誰かの迷惑になります。なにより、最終的にお客様へのサービスの質にも繋がります。

リプライスでは、「任される」ことが文化としてあり、新卒1年目も例外ではありません。また、「矢印をまず、自分に向ける」というスタンスも重要視しています。「1年目だから」と言い訳することはプロではないですし、会社も同様に「1年目だから」と見ることは少なく、1人のプロとして接してくれます。

だから私自身が一番気をつけていることは体調管理です。どれだけ気力を振り絞っても、熱があったら仕事の質が下がりやすくなります。体調さえ良ければ、常に高い水準で仕事ができると思って過ごしています。

 

☐最後に就活生へメッセージをお願いします。


最終的には、『何でも自分で決めること』が一番だと思います。不安なら沢山の情報に触れればいいですし、悩めばいいと思っています。どうしたら自分的にスッキリするかを追い求めてください!


=========================================


以上、中村さんへのインタビューでした!


『リプライスに対するワクワク感』と『どうすれば強い組織を構築していけるのか』というところに対する、強い想いが伝わってきました!


リプライスはまだまだ組織として成長中です。

時代の変化・強い組織を目指すために、必要に応じて新しい部署が生まれています。

会社をどんどん大きくさせていく成長フェーズ(段階)を身をもって体感したい!という方は、中村さんをはじめリプライスの社員と話して欲しいと思っています!


次回は営業部にとって欠かせない存在である【分析課】の社員を紹介していきたいと思っています。お楽しみに^^


★そして、お知らせです!★


先日リプライスの18卒向け採用HPがオープンしました!!

採用HPでは、リプライスが大切にしていること、採用情報、選考方法などを詳しく紹介しています。

ぜひご覧ください!

http://reprice.co.jp/shinsotsu/


引き続き採用ブログの方は社員インタビューを中心に更新していきます!

採用ブログ、採用HPともに今後ともよろしくお願いします!!^^

------------------------------------------------------------

リプライスHP

http://reprice.co.jp/sp/

リプライス新卒採用HP

http://reprice.co.jp/shinsotsu/

社員インタビュー⑤〜入社4年目!マネージャーとしてエリアを引っ張る川邊さんってどんな人??〜

さあ今回も始まりましたリプライスの採用ブログ第7回目です!

今回もリプライス社員にインタビューを行った様子を皆さんにお伝えしていきます。


今回紹介する社員さんは入社4年目の川邊謙太朗さんです!


f:id:reprice:20170211151322j:plain


1・2年目は神奈川エリア、3・4年目は京都奈良エリアのマネージャーを担当していらっしゃいます。

上の写真ではすごく怖そうな印象を受けますが(笑)実際お会いしてみるとすごく面白くてユーモアにあふれ、かつ人一倍仕事に熱心な方です!


そんな川邊さんのインタビュー記事です。

どうぞ↓↓


=========================================


☐学生時代は何をされていましたか?


人生の夏休みを堪能していました!(笑)

遊んでばかりでしたが、そこでの経験が自分の中に色濃く残っていたりします。

自分の体力の限界だったり、勢いの大切さだったり、人との付き合い方だったり、友達の大切さだったり・・・。

今思い返してみても、楽しい学生時代だったと思います!



☐どうしてリプライスへの入社を決めたのですか?


「いいな」と思った最初の会社がリプライスだったからです。

初めて出会った会社もリプライスだったので、迷いなく決断することができました!

具体的にどんなところに魅かれたのかというと、当時の採用責任者をされていた増田さんと初めて会ったときに、

「なんかよく分かんねぇけど、この人スゲェ!!」と感じて、

自分が凄いと思った人が、新卒一年目から重要なポジションを任されているのを見て、すごく魅力的な会社だと強く思ったのを覚えています。



☐現在の仕事内容と、仕事をしていて楽しい点・やりがいについて教えてください。


現在は、京都奈良エリアの責任者をしています。

エリアの方針を決めたり、課題を見つけて解決策を考えたり、もちろん現場に出て自分で実行もしますし、その結果を見てまた戦略を練り直したりします。

現場に大きな裁量権を与えてもらっている以上、チームの力がそのまま結果として現れてくるので、とてもシビれますし、それだけやりがいも大きいです!

また社内外問わず、人と力を合わせると本当にいい仕事ができるようになると感じています。間違いなく一人だけではできないようなレベルの仕事ができるようになります。

そういう経験をすると、すごく楽しく充実した気持ちになるのと同時に、もっとそういう場面を作っていけるような人間になりたいなと思います。



☐仕事をする上でのモチベーションの源泉は何ですか?


いくつかモチベーションの源泉はありますが、一番大きいのは「責任感」だと思います。

人と人とが関わり合って仕事をしている以上、相手は自分に対して何らかの期待も持ってくれているということですし、そこには責任が生まれてきます。

その責任は果たしたいと思いますし、その積み重ねが自分を成長させてくれると信じています。



☐最後に就活生へメッセージをお願いします。


最後は「自分で決めること」が一番大切だと思います!

正解なんてないですし、自分が納得できる決断ができれば、それでオールオッケーじゃないでしょうか!

もしその決断がリプライスであれば嬉しいですし、そんな皆さんと一緒に仕事できる日を楽しみにしています!


=========================================


以上、京都奈良エリアマネージャーの川邊さんへのインタビューでした!


京都奈良エリアは4年目の川邊さんと入社2年目の社員の合計2人で運営されているのですが、チームのメンバーと話し合いながら、エリアをどうしていきたいか、どのような戦略で売上などを伸ばしていくかなどを上からの指示でなく自分たちで考えながら実際に行動に移していけるのが楽しいと話していらしたのがすごく印象的でした。


リプライスでは川邊さんや以前紹介した増田さん、加藤さん、神山さんのように早ければ入社2年目や3年目からエリアのマネージャーとしてチームのマネジメントなどを行っていくことができます。

マネージャーの方と面談する際はマネージャーならではの仕事の面白さや大変さを質問してみるのも良いかもしれませんね!


次回は入社2年目の社員の方のインタビュー記事を紹介していこうと思っています。

楽しみにしておいてください~~^^ 


------------------------------------------------------------

リプライスHP

http://reprice.co.jp/sp/

リプライス新卒採用HP

http://reprice.co.jp/shinsotsu/

社員インタビュー④〜自分の担当エリアに強い想いを持つ山崎さんってどんな人??〜

卒論の提出も無事終わり、ほっこりしております内定者のテルマです。(笑)

引き続き採用ブログの方ドシドシ更新していくんでよろしくお願いします!


というわけで第6回のリプライス採用ブログです。

今回もリプライス社員へのインタビューをみなさんに紹介していきます。


今回紹介する社員は入社2年目の山崎裕香さんです!(取材時は入社1年目)


f:id:reprice:20170130110318j:plain


2016年春に新卒でリプライスに入社。

現在は東愛知エリアを担当していらっしゃいます。


自分の担当エリアに熱い想いを持ち、主体的に仕事に向き合う山崎さんにリプライスについて熱く語ってもらいました!

それではどうぞ↓↓


=========================================


☐学生時代は何をされていましたか?

 

主に旅行と幼稚園でのアルバイト。好きなことを好きなだけ、思う存分してました。

教育学部で子どもが大好きだったので、バイトは幼稚園で体操のお姉さん(笑)を主にしていました。(その他にもアルバイトは、合計14種類ぐらい!)

・そこで貯めたお金はほぼ全額旅行に投資し、大学中に46都道府県(今は全国制覇しました!)、海外も10カ国周りました。100人規模で行ったり、一人で行ったりと、様々でしたが、常に私はプレゼンターだったので、どうしたら少ない限られた財力で最大の喜びが得られるかを考えていました(笑)


☐どうしてリプライスへの入社を決めたのですか?


「何かをしたいと思ったときに、その選択肢がたくさんある人、選ぶことができる人になりたい。」→色んなことができて、早く自分も成長できて、会社も成長しているスピード感のある会社に入りたかった。

私は今後何十年も同じ会社で働くことが想像できなかったのですが、何かをしたいと思ったときに、それを成し遂げる方法の分からない人、それを実行していく力がない人にはなりたくなかったのです。リプライスは若いうちから挑戦できることが多方面にわたっていて、マルチな力が身につきやすい、且つ女性、若い人が主になって成果を挙げながら活躍している!

これが一番の決め手でした!

また、採用の際に会った社員の方たち皆が、それぞれ自分の方向に向かって頑張っている人が多かったところも非常に魅力的でした。


☐現在の仕事内容と、仕事をしていて楽しい点・やりがいについて教えてください。


現在は、愛知の三河方面(知多、刈谷や豊田のあたり)の営業として働いています。

まだまだ新人なのですが、主体的に考えて行動することが常に求められています実際にそういう機会ばかりです。

できないこと、わからないことを色んな手段を駆使しながら解決していくのが、非常にわくわくします!

また、自分でアプローチした結果、物件が買えたり売れたりしていくのはやっぱり楽しいです!


☐仕事をする上でのモチベーションの源泉は何ですか?


今は自分の担当エリア(愛知県の三河地域)を、「リプライスを代表する模範エリアにしたい」と必死で数字を追い求めています。

このエリアで成功したことが、リプライス全域に広がっていけば、会社としてもっと大きな成長があると信じて、“優良エリア”を“確固たる模範エリア”へという思いで頑張っています。

私は一年目ですが、一年目でもこれだけやれる!ということを示したいという反骨心みたいな気持ちは強いです。


☐最後に就活生へメッセージをお願いします。


どんな選択肢を選んだとしても、そこで頑張れないと結局意味がないと思います!

頑張れるかどうかのひとつの大きな要因として、納得がいく就活ができたかどうかは大きいとは思うので、自分や他人と向き合うことを恐れずに、就活してください!


=========================================


以上、とにかくパワフルで何事にも全力投球な山崎さんのインタビューでした!

リプライスでは1年目からどんどん仕事を任せてもらえるので自分の頭で考えて主体的に動く力が身につきます。

山崎さんのインタビューからも1年目でもこれだけデカイことをやってやる!という強い想いが感じ取れたのではないでしょうか?


採用ブログでは若手社員へのインタビューもどんどん紹介していきます。お楽しみに!

それではまた第7回でお会いしましょう!


------------------------------------------------------------

リプライスHP

http://reprice.co.jp/sp/

リプライス新卒採用HP

http://reprice.co.jp/shinsotsu/

社員インタビュー③〜一緒に働く「ヒト」を大切にする神山さんってどんな人??〜

もうすぐ期末試験の時期ですね。

勉強に就活に大変だとは思いますが頑張っていきましょう!


それでは第5回のリプライス採用ブログはじめていきます!

今回も前回に引き続きリプライス社員へのインタビューを紹介していきます。


今回紹介する社員は入社5年目の神山智早さんです!


f:id:reprice:20170123135737j:plain


南山大学出身で、現在は西愛知エリアのリーダーを務めていらっしゃいます。

一緒に働く「ヒト」、そして仕事に対するスタンスに強いこだわりを持つ神山さんにリプライスについて熱く語ってもらいました!

それではどうぞ↓↓


=========================================


☐学生時代は何をされていましたか? 


“うまく出来る自信は無いけど、やってみたら自分の人生や価値観の幅を広げることができるだろう”と思うことをやり続けていた学生時代でした。

台湾に1カ月留学したり、市議会議員に2カ月インターンさせていただいたり、内容としてそれほど派手なものでは正直無いと思います。しかし大切なのは、「何をするか?」ではなく、「どんなスタンスで挑み、そこから何を得るのか?」だと思います。

自分という人生を5年後、10年後、おばあちゃんになって振り返った時に、人のせいにして言い訳を並べるような後悔の人生ではなく、「自分だったからこそ、こういう人生を歩んだんだ!」と胸を張れるように積極的に生きていきたい!と思いながら過ごしていました。


☐どうしてリプライスへの入社を決めたのですか?


ずばり「ヒト」です。

働く場所にも仕事内容にも、正直こだわりはありませんでした。リプライスと出会ったとき、住宅のことなんて1ミリも分からないし、興味だってありませんでした(笑)それでも、この人たちと働いてみたい!絶対楽しいに決まってる!と思いました。

とはいえ、レベル感の高い先輩方と肩を並べるには自分には自信が無さ過ぎました。そこでやはり思ったのは、「何をするか?」ではなく「どんなスタンスで挑み、そこからどんな自分になっていくのか?」ということでした。先輩方は夢や想いをしっかりと持ちながらも、会社としての同じ目標に向かって目を輝かせていました。わたしもこの中に入って、一緒に成長していきたい!と強く思ったのが入社を決めた理由です。入社後もし自分が腐っていくようなことがあっても、「こんな素敵な人たちと働かせてもらっているのだから、ここで腐ったらどこに行っても同じだ」と自分を追い込むことも出来る、それがまた人間としての成長にも繋がると思いました。


☐現在の仕事内容と、仕事をしていて楽しい点・やりがいについて教えてください。


 営業として本社で働いています。西愛知エリアのリーダーとして、後輩メンバーのフォローをしつつ、マネージャーからチーム運営について学んでいます。仕事をしていて楽しい点は大きく以下3つほど。

1.商談が入った時に、自分が思っていた通りの軌跡を辿り、着地したとき

2.もともと人見知りということもあり、業者さんと仲良くなれたと実感するとき

3.一緒に働いているメンバーが、笑顔で楽しそうにしているのを見たとき

 また、仕事のやりがいは、「自分次第」という点です。現場に一定の裁量権が与えられているため、「どうすれば会社として良い着地ができるか?」「どうすれば早くリフォーム完工することができるか?」「どうすれば成果に繋がるか?」など、上司にお任せではなく、自分で考え意見を出し、それを実行することができます。日常使用するツールも、自分たちで創ることができ、日々改善していくことで、その成果をいち早く自身で感じることも出来ます。会社として良いと認められたものは、それが何年目の誰が考えたものであろうと、全社に“良ナレッジ”として共有されます。

「自分次第」の毎日は、可能性が無限に広がっているので刺激的です!


☐仕事をする上でのモチベーションの源泉は何ですか? 


 モチベーションの源泉は、感謝の気持ちと、言い訳したくない・後悔したくないという雑草魂です。人間ですから、誰しもモチベーションが下がることはあると思います。そんなタイミングでまわりを見渡すと、前を向いて頑張っている皆がいてくれるんです。また、その頑張るベクトルを誤ってしまわないように見守り、適切なフィードバックをくださる先輩や上司がいてくれるのも、弊社の魅力の1つだと思います。成長に必要なのは、その「機会を与えられること」と、それに対する「適切なフィードバックがあること」だと思っています。

 業務は1人で行う仕事の方が多いですが、切磋琢磨しあえる仲間と、信頼できる上司が居てくれる。そのことに対する感謝の気持ちと、期待を裏切りたくないという想いが、わたしのモチベーションになっていると思います。


☐最後に就活生へメッセージをお願いします。 


超高速で発展・流動していく今の社会の中で必要な力は、そのスピードに順応し、自らを適応させていくことだと思います。その変化のスピードの中で、いかに自らの価値を見出していくことができるのか。力のある会社を求めるのではなく、“自分に”力をつけたいと思っている皆さんにお会いできることを楽しみにしております! 


=========================================


以上、神山さんのインタビューでした。

仕事に対するスタンス、そして仕事の楽しさについて熱く伝えていただきました。

現場に一定の裁量権が与えられているので、上司にお任せでなく、自分で意見を出し実行することができるという話が印象的でした!

面接の時はもちろん、皆さんがリプライスに入社された後も、年次に関わらず「自分はどうしたいのか」という想いをドンドンぶつけていって欲しいと思います!


次回は入社2年目の女性社員のインタビュー記事を更新します。お楽しみに!

今回も最後までご愛読いただきありがとうございます。

それではまた第6回でお会いしましょう!


------------------------------------------------------------

リプライスHP

http://reprice.co.jp/sp/

リプライス新卒採用HP

http://reprice.co.jp/shinsotsu/

社員インタビュー②〜若いうちから活躍!入社4年目で大きな裁量を持って働く加藤さんってどんな人??〜

寒い日々が続きますね~みなさん体調の方はいかがですか?

というわけで、第4回のリプライス採用ブログです。よろしくお願いします!


今回も社員インタビューを紹介し、みなさんにリプライスのことをより詳しく知ってもらいたいと思っています。


今回紹介する社員は入社4年目の加藤慎也さんです!


f:id:reprice:20170120162456j:plain


1年目で愛知エリアの営業、2年目から埼玉配属になり現在は埼玉エリアのマネージャーを務めていらっしゃいます。

そんな入社4年目という若いうちからバリバリ活躍している加藤さんにリプライスについて熱く語ってもらいました!

それではどうぞ↓↓


=========================================


☐学生時代は何をされていましたか?


・某企業が行っているCSR活動のスタッフ(2年間)

→ソーシャルビジネスに取り組む起業家に対してコンサル等の支援を行うCSR活動に、運営側として参加していました。

・ IT企業への長期インターン(1年間)

→ウェブサイトの企画と営業を行っていました。


☐どうしてリプライスへの入社を決めたのですか?


一番大きな理由は、この会社なら自分の力を付けることができると思ったからです。

そう思った要因としては下記の3点が大きなポイントでした。


①自分の力で会社・組織を変えていける可能性を感じた

→会社の規模も大きくなく、今後も成長を目指している組織風土なので、自分の取り組みがダイレクトに会社・組織の変化に繋がる可能性があると感じました。

②早くからマネジメント層になれる

→私の入社当時は、早ければ2年目からマネージャー職になることができました。マネジメント経験を積みたいと思っていたので、リプライスはそれが早期から実現できる環境でした。

③社員の熱量が大きく、この人達となら120%の力で仕事ができると思った

→正直、これが一番の要因です。過去の自分を振り返ると、どんなことも80%の力でセーブしてしまう悪い癖があると感じていたので、120%の全力で仕事に取り組める環境に飛び込みたいと思っていました。色々な会社の方と面談させてもらいましたが、リプライスの社員が1番仕事への熱意が高かったです。


☐現在の仕事内容と、仕事をしていて楽しい点・やりがいについて教えてください。


埼玉エリアの責任者として、プレイングマネージャーのような仕事をしています。

現場に出て不動産会社やお客様とやり取りすることもあれば、部下の進捗管理をすることもあり、四半期後・半年後を見据えてエリアの運営方針を決めることもあります。

自分が判断を間違えばエリア全体の業績に影響するのでプレッシャーもありますが、

自分がエリア全体の責任を持って、舵を取れることにやりがいと面白さを感じています。

種を蒔いてきたことが結果につながる瞬間は、何事にも代えがたい喜びがあります。


☐仕事をする上でのモチベーションの源泉は何ですか?

 

自分自身の成長と伸びしろを感じられることです。

コミュニケーションの取り方、マクロ的な考え方、仕事の段取り等、入社から約4年で成長したと思える面もありますが、現状分析、打ち手のスピード感等まだまだ自身の課題も感じます。

自分の力を付けたいと思って入社したので、自分の力が付いたと思える瞬間や、まだまだ力不足だと思わされる瞬間が、一番のモチベーションです。

また、切磋琢磨できる社員の存在も大きいです。先輩後輩同期問わず、本気で目の前の課題に取り組んでいる人が多いので、その中でいつも奮い立たされています。人との距離の詰め方やスピード感、課題分析の深さなど、どれだけ自分が頑張ってもこの人には叶わないというポイントがいくつもあるので、尊敬できる人たちと一緒に働けているなと思います。


☐最後に就活生へメッセージをお願いします。


沢山の人に会って話をして欲しいなと思います。

自分の経験の中からしか自分の価値観は産まれません。

就活は経験の幅を広げるチャンスなので、この機会を最大限に活かしてもらえたらなと思います!


=========================================


以上、加藤さんのインタビューでした。

仕事に対する誠実な想いと自己成長への強いこだわりが伝わってきたのではないでしょうか??

面談の際には、エリアの責任者としてチームをどのようにマネジメントしているのか、どういった時に自分の力がついたと感じるのか等を掘り下げて質問してみるのもいいかもしれませんね!


それではまた第5回でお会いしましょう。

お身体に気を付けて!


------------------------------------------------------------

リプライスHP

http://reprice.co.jp/sp/

リプライス新卒採用HP

http://reprice.co.jp/shinsotsu/

社員インタビュー①〜入社2年目で採用責任者、 6年目でブロック長を務める増田さんってどんな人?? 〜

新年あけましておめでとうございます。

お久しぶりですテルマです。

今年もリプライスの採用ブログをよろしくお願いします!!


と、いうわけで第3回採用ブログ始めていきたいと思います!

今回からは社員さんへのインタビューを中心に更新していきます。

ここで紹介される社員さんたちは、皆さんと選考の途中で面談をすることになる人たちがほとんどなので、今回以降のブログを要チェックしてもらって面談がより良いものになると嬉しいです。


さて社員インタビュー1人目はズバリこの方!


f:id:reprice:20170206220037j:plain


入社6年目の増田智文さんです。

とにかくパワフルで元気に満ち溢れています!(笑)

入社1年目に新規エリアの営業と新卒採用の責任者、2年目はメンバーを5人持ちながら全社最高の売上目標15億円のエリアマネージャーに。そして昨年度までは採用の責任者を務めていらっしゃいました。

そんな増田さんに学生時代から現在に至るまでインタビューしてきました!

それではどうぞ↓↓


=========================================


☐学生時代は何をされていましたか?


バーのアルバイトでお酒と料理と接客を極めること。そして海外にワーキングホリデーに行って自分の可能性を引き出すことに注力していました。

まとめると、

①常に自分の現在地を知りたかった

②謎の自分はもっとできるという根拠を形に残るもので示したかった

ということを常に意識して学生時代は活動していました!


☐どうしてリプライスへの入社を決めたのですか?


事業内容、組織、会社のフェーズの面から入社を決めたのですが、

・事業内容:

社会的に意味があると合理的に納得できるビジネスモデルだったこと

・組織:

何かの尺度で測った優秀かどうかでふるいにかけられた人材集団ではなく、本気で大事を成し遂げたいと思って生きている人材集団だったこと

・フェーズ:

上記の事業内容・組織集団であるにも関わらず、まだ30人くらいの会社で世間的に全く知られていない会社だったため。自分の力で日本に意味のある「価値」を提供していける主体者になれると判断したこと

これらの面からリプライスへの入社を決めました!


☐現在の仕事内容と、仕事をしてて楽しい点・やりがいについて教えてください。


現在は関東ブロック(神奈川・千葉・埼玉)の拠点長をやっています。

仕事をしていて特に楽しいと感じるのは「未開拓の事業・組織を自分で創造できる」というところですね!

そしてそれを高いレベルで一緒にやってくれる人とやれるということが何より仕事のやりがいに繋がっています。


☐仕事をする上でのモチベーションの源泉は何ですか?


僕にとっての仕事をする上でのモチベーションの源泉は、『常に未知の領域があり、それを考え・動けば形にでき、一人ではなく全体で、現状を加速度的に変化・進化させられることを常に感じること』であると思っています。

 

☐最後に就活生へメッセージをお願いします。


人生とは自分と向き合い続けるものだと思います!

日々社会や環境が変動していく今のご時勢、客観的な将来予測は当たらないことが多いと自分は思っています。この状況で大事なのは、やはり主観的な意思。

要は、「どうなるか?」よりも「どうしたいか?」

ただそれは思考や経験の幅が狭い自分で、そして心が落ち着いていない状態で、思い込みで決めるべきではないと思っています。

自らが本気で進み、本気で自分と正対してくれる人や物事と触れ続けることが、生きていく上でいつも一番大事かなと思います!

 

=========================================


以上、増田さんへのインタビューでした。

仕事に対するアツい気持ちがビシビシと伝わってきましたね!

1年目で新卒採用の責任者を務めた経験、そして現在ブロック長として未開拓の事業・組織を自ら創り上げていっている経験については面談の際にぜひ色々質問してみてください!

きっとワクワクするような話が聞けると思います!


第4回以降もこのような形で社員さんへのインタビューを中心に更新し、みなさんによりリプライスのことを知ってもらいたいと思います!

それではまたお会いしましょう~~(^^)


------------------------------------------------------------

リプライスHP

http://reprice.co.jp/sp/

リプライス新卒採用HP

http://reprice.co.jp/shinsotsu/